2019年04月08日

2019年冬アニメ感想

 334年ぶりにアニメの感想なるものを書くこととした。
 とは言え、長文で伏線ガーとか言い出すつもりはなく、あくまでさらっと終わらせる予定。
 ちなみに、2クール作品の2クール目に関しては何もコメントをする予定はない。SAOアリシゼーションと転スラが該当。
 それでは、暇つぶしにどうぞ。

・かぐや様は告らせたい
 今期、やたら評価の高かった作品。内容がくどいので、せいぜい2回見たらお腹いっぱい。
 千花が可愛い

・えんどろ〜!
 ゆるっとふわっとした冒険物。とりあえずキャラが可愛いというだけで見ていられる。
 旬な声優が使われててとてもよかった。

・荒野のコトブキ飛行隊
 労働だったり戦車だったりの水島監督がいよいよ飛行機で空を飛ぶようになった。
 飛行機への拘りが出ていて、とても良かった。内容もよかった。

・上野さんは不器用
 簡単に言ってしまうと、上野さんという女の子の恋物語なのだが、わけのわからない秘密道具を作り出しては中途半端に意中の田中を攻めるせいか中途半端な結果にしかならず、視聴者をやきもきとさせる(させない。ギャグアニメだから)
 みっくのOPがとても良い

・けものフレンズ2
 『けものは居ても のけものは居ない』の前作OPを皮肉るかのように、前作の監督であるたつきを除け者にし、製作人も一部を残し入れ替えるなど、放送前から話題になった作品だった。
 内容に関しては何も言えない。
 
・賭ケグルイ××
 1期は面白かった。2期も面白かった。

・サークレット・プリンセス
 2019年4月より配信されるDMM GAMESとFANZA及びスマートフォン向けゲームの宣伝をするためのアニメ。
 最終回で竿役の男が出てきたため、この1クールは壮大なチュートリアルであることを確信した。

・私に天使が舞い降りた!
 オタクに天使が舞い降りた。話が進むに連れ、真性サイコレズストーカー松本香子が出てくるなど、どんどん可愛いだけの作品でなくなったのが面白かった。
 最終回のミュージカルには感動した。

・バーチャルさんはみている
 今流行りのVTuberを使った作品。製作費は割とありそうな気がした。内輪ネタ一辺倒にならなかったのは評価できる。
 ただ、雰囲気がてさぐれ!に似ていたのでうーんって感じ。

・盾の勇者の成り上がり
 ラフタリアお姉ちゃん……
 2クール目も期待

・ケムリクサ
 けものフレンズをのけものにされたたつき監督の作品。
 とりあえず、見ればいいと思うよ。

・ガーリー・エアフォース
 可愛い女の子が4人も出ておきながら、そういうハプニングがほとんどないのがいただけない。
 え、そういう作品じゃない? そうですか……

・五等分の花嫁
 動く五つ子はとてもえっちでよかったと思います。
 ただ、声が合ってない気がした。

・ブギーポップは笑わない
 大昔は大昔のラノベの作品。なお、読んでない。
 今の時代は流行らないなあという感想だった。

・デート・ア・ライブV
 地味に続いて3期目。原作の終わりまでアニメ化しそう。

・魔法少女特殊戦あすか
 橋本ちなみさんが出ていたため見ていた。血みどろスプラッシュが多かったかなという印象で、作品としては興味を持つことはなかった。

・エガオノダイカ
 戦争アニメ。正義と正義がぶつかる救いのない戦いであった。
 OPとEDは良かった。

・グリムノーツ The Animation
 グリム童話を元に冒険をしていく作品。
 可もなく不可もなくという感じでした。


 そんな感じで2019冬アニメの感想を終えます。春アニメは何がやるのかなあ。
posted by 和泉冴 at 22:23| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]