2012年10月11日

恵まれた体格からコシのあるうどん

 2005年、若干24歳の若き投手が球団を解雇され、トライアウトを受けたがどこからも連絡がなく、引退をした。

 なんて前書きを考えていると切りがないのでここいらで。そうです、お分かりの通り、ようやく元巨人・條辺剛投手の開いたうどんを食べに行ってきました。え、條辺を知らない? そんなバカな。一時代を築いた投手ですよ。どうしても分からない人は條辺剛-wikipedea-で。

 家からの距離は23km前後。うん、行けないこともない。昨日も走ったけど、今日は平地だから大丈夫だろ⊂( ^ω^)⊃
 10時半過ぎに出発して、12時頃に到着。ちょうどいい!
201210111.JPG

 さーて、自転車を止め……あっ(鍵をかけるためのポールに歪なでこぼこ)……うわあああああああああああフレームに傷がああああああああああああああああああ(死
 テンションが下がりつつも、目の前の條辺。き、傷は勲章だからね(震え声
 そしてお店に入る。

 まずお盆を取って、揚げ物用のお皿を乗せて進む。食べたい揚げ物やらお揚げやらおにぎりやらを取って、レジへ向かう道中に何のうどんを食べるか聞かれるので、そこで注文。作っているときにお会計。その後にうどんがやってくる。混んだら大変そうなシステム。
 そして注文したのはこちら。
201210112.JPG
 しっぽくうどん2玉(550円)+なす天(100円)+かしわ天(100円)
 しっぽくは、10月〜3月までの冬季限定販売。具材(大根、人参、里芋、しめじ、さつま揚げ、豚肉)を出汁で煮込んだもの。体の芯から温まれる優しい味。コシもちゃんとあって美味い。しかし、初めてなのにかけを頼まない私って()
 なす天は普通になす天。意外と大きくて、切り込みもしっかりあっていい。かしわ天は、下味にバラツキを感じつつも、美味い。

 店内は非常にシンプル。ボックスとかはなく、テーブルを真ん中で区切ってカウンター風にしたのが12席ぐらい。あとは壁に向かってのが4席。平日だからかは分かりませんが、お昼時でも混雑はしてませんでした。わっと来ても、わっといなくなるパターン。目の前に座った、老夫婦と孫娘の会話を小耳に挟み、心がほっこり。店内のBGMは懐かしい曲が多かったです。拘りがあるのかなはよく分からず。入店したときは、奥さんとお手伝いさん(?)しかいなくて、ちょっと残念だなと思って食べていたら、途中から厨房に立つあの條辺剛。うん、普通にでかい。これは美味しいはずだわ。

 ささっと食べて、ちょっとゆっくりして退店。特に寄りたい場所もないので、休憩をしながら帰りました。また行きたい。けど寒いの嫌い!!!

 ステマァをするためにお店の情報【HPからのコピペ】
 讃岐うどん 條辺
 埼玉県ふじみ野市上福岡1-7-9
 [営業時間]7:00〜15:00(麺切次第終了)
 [定休日]毎週火曜日(祝日の場合営業 翌日休み)
 [電話番号]049-269-2543

大きな地図で見る

走行時間:2時間9分40秒
平均速度:21.3km/h
最高速度:36.1km/h
走行距離:46.11km
posted by 和泉冴 at 01:00| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]